創傷の湿潤治療

  • 当院では、創傷の湿潤療法を行っています。このたび挫創で皮膚欠損のある症例に湿潤療法を行い、良好な経過となりました。患者さんの同意のもとに、以下に例示します。
  • 50歳代の男性で、右示指を機械にはさまれて受傷。
  • まず、麻酔の後、スクラビング、洗浄、デブリドマン、一部縫合しました。
  • 皮膚欠損があったため、傷はすべて縫合はできず、一部皮下脂肪組織が露出しました。
  • 従来であれば、皮膚欠損に対して皮膚移植や局所皮弁を考慮するところですが、今回は湿潤療法を行いました。
  • 再診時に創部を自分で洗浄してもらい、消毒は行わずプライスモイストで被覆するのみとしました。
    • (プラスモイストは隣接する駅前ドラッグで扱っています)
  • 受傷1週後で肉芽の上がりは良好で
  • 3週後、周辺から上皮化が進みはじめ
  • 5週後、指の拘縮なく、上皮化が完成しました。
  • 湿潤療法については、「新しい創傷治療」を参照ください。
初診時
初診時
処置後
処置後 皮下脂肪の露出あり
受傷一週間後
受傷一週間後
受傷3週間後 周辺から上皮化
受傷5週間後
受傷5週間後 上皮化完了
広告



Blog Stats

  • 140,428 hits

Twitter でフォロー

内山整形外科医院

0257-22-2001
9:00-12:00 14:30:1700 木曜、土曜午後、日曜祭日休診