やけど(熱傷)の湿潤療法 6

  • やけどの湿潤療法例を家族の同意を得て提示します。
  • 1歳6ヶ月の女児。ポットが倒れて、お湯が胸にかかり受傷
  • 受傷当日、近医で軟膏処置。
  • 湿潤療法を希望されて、遠方より、受傷翌日初診。プラスモイストによる湿潤療法開始。
  • 他の治療例はここを参照ください。
    mi-1

    受傷一日目

    mi-2

    体幹はプラスモイストの固定が難しいですが、お母さんが、このように工夫して固定していました。

    mi-3

    受傷後2週弱

    mi-5

    受傷7週弱で、きれいに上皮化しました。受診当初は診察室で泣いていましたが、最終受診時は笑顔で手を振って帰って行きました。

    3年後

    3年後の画像 追記 お母様が3年後の写真を送ってくださいました。やけどを受傷したことを知っている家族でなければわからないくらい綺麗になっています。

広告

About this entry