やけどの湿潤療法 12 足背

  • やけどの湿潤療法例を、家族の同意を得て、提示します。
  • 4歳の女児 花火をしていて火の粉が右足の上に落ちて受傷
  • 受傷3日後に当院初診
  • 初診時、サランラップで創部が被覆されていました。
    • 院長注釈 サランラップでも湿潤療法の継続は可能ですが、プラスモイストの方が管理が容易です。
  • 1日2回のプラスモイストでの被覆を指示
  • 一週間後、感染兆候なし
  • 4週間後、上皮化し、終診としました。
  • 他の治療例はここを参照ください
初診時

初診時

一週間後

一週間後

4週間後

4週間後

RESERVA予約システムから予約する

広告

About this entry