患者さんの感想 5 2015/12 腰痛、ダイエット(糖質制限)、歩行指導

  • 40代の女性の患者さんが当院の感想を書いてくださいました。
  • 慢性の腰痛で受診されましたが、適度に歩き、4ヶ月で12kg減量し、腰痛が軽快しました。
  • 本人の許可を得て、以下に掲載します。
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • 更年期という厄介な年頃になってからというもの、その女性特有の諸症状の他に10年以上の慢性疾患、アレルギー等といった症状も持ち合わせ、最近の私は『辛かったら安静』を合言葉に「動かない、無理しない」ことを前提とした生活があったように思う。
  • この度、貴院を訪れたのはそんな矢先に起こった坐骨神経痛。先生は「内側の筋肉を鍛えることで大体よくなるものですよ。」「歩いてみませんか。」
  • ここ数年で身体のおもりは増えていませんか?」と・・・。正直、耳が痛くなる言葉ばかりだった。身体の不調を言い訳に何もせずにいた自分の怠慢を指摘されたような気分になったからだ。
  • その日からお借りした糖質制限ダイエットの本を熟読し、インターネットでも関連のサイト(特に動画はわかりやすかった)等を見て意欲を高める。減量目的も勿論であるが、糖質制限によって様々な諸症状が改善されたという例が多々載っていたため「私も体質を改善して健康を取り戻したい!」という想いの方が強かった。
  •  最初の3日ほどで身体の浮腫が取れ、身体が軽くなりスッキリした感じ。そして何よりもあんなに辛かった疲れが激減したことが『動ける、歩ける!』という意欲を奮い立たせてくれたおかげで日々の運動も楽しく行うことができた。
  • 以下、これまでの成果等のまとめ。
  • 《実行し続けていること》
  • 〇糖質を一日20~50g以下に抑えるスーパー糖質制限。(食について学ぶ良い機会にもなった)4ヶ月経った今は緩やかにしている日も多い。
  • 〇万歩計の計測。先生が立ててくださった目標歩数になるように歩く。
  • 〇自分が毎日続けられると思った簡単な基礎代謝アップ運動を取り入れる(一回5分程度のもの)
  • 〇腰痛や坐骨神経痛に効果のあるストレッチ(今日は調子が悪いかなと思った日にも効果アリ)
  • 〇疲れを感じたり体調が優れなかったりした日は運動に限っては休息dayにする。(思い込むと無理をする傾向のある自分には特に大事)
  • 《身体に起こった主な変化》
  • 〇疲れにくく運動を継続することができるようになった。体調不良で寝込む日が劇的に減った。
  • 〇二週間ほどで坐骨の慢性的な痛みが取れ、調子が悪いと思った日には運動で解消。
  • 〇更年期特有の諸症状が軽くなった。
  • 〇肌の調子が良くなった。
  • 〇糖質制限から4ヶ月で12kgの減量(筋肉量、基礎代謝アップ)。
  • 内山先生の診察はトリガーポイント注射等の対処療法だけではなく、私たち患者の「身体の悲鳴」に耳を傾け一人ひとりのQOL人生の内容の質社会的にみた生活の質)を大切にして下さるものだと思います。そのために減量や運動(歩くこと)のすすめなど様々なアドバイスもされますが、その人の生活や環境、ストレス状況等を考慮し無理のない範囲で提案して下さいます。
  • このような医療姿勢に感銘を受け、がんばってみようという気持ちにさせて下さった先生には心から感謝しております。
  • 私はこのご縁がきっかけとなり自分の体や健康について改めて真剣に向き合うことができました。それは生活全般の見直しでもあります。意識をほんの少し変えるだけでこれからの人生は大きく変わってくるのではないかと自分に期待し続けていこうと思います。
  • 『健康は一日にしてならず。されど、その一歩も踏み出さなければ道は開かれん』
  • 院長よりコメント
  • 痛みがあると安静にしがちですが、それが過度になると、体力低下、関節拘縮などを引き起こし、痛みの悪循環に陥る場合があります。2012年の腰痛診療ガイドラインでも、「安静は必ずしも有効な治療法とはいえない」と記載されています。また適度な運動は鎮痛作用を持つことが示されています(exercise-induced hypoalgesia)。したがって、当院では運動の手始めとして、歩行を勧め、歩数計で歩数を測定しながら、うまく自己コントロールするように指導しています。
  • 減量については、当院では糖質制限を勧めています。この方は、成書を読んで理解して実行し、12kgも減量されました。素晴らしいことと思います。糖質制限では減量以外にも体の変化(肌の調子がよくなったなど)が見られることがありますが、この方にも同様の変化が見られました。
  • 最後の言葉は行動を起こした人でなければ出てこないことと思います。腰痛、肥満でつらい思いをされている方は、ぜひ歩行と糖質制限を実行してみてください。
  • 「強いものが生き残るのではない。変化するものが生き残るのだ」C.  Darwin
  • RESERVA予約システムから予約する
広告

About this entry