アトピー性皮膚炎とおむつかぶれの治療

  • 背部のアトピー性皮膚炎とおむつかぶれの治療を経験したので、家族の同意を得て、提示します。
  • 1歳6ヶ月の男児
  • 右腋窩から背部への痒みが強くなり、皮膚科へ受診。アトピー性皮膚炎との診断でステロイド入の軟膏を処方された。
  • ご家族は軟膏の治療を希望せず。5年前当院で、男児の姉がやけどの治療で使っていた時のプラスモイストを被覆したところ改善傾向だったので当院に初診
  • 左腋窩から背部への皮膚病変、および、おもつかぶれあり
  • まず、軟膏の使用は中止。ワセリンを塗って保湿し、石鹸の使用を控えるように指導しました。
  • 一週間後、おむつかぶれは改善し、3週間後に背部の発赤も改善し、終診としました。
  • 今日のニュースで、理研がアトピー性皮膚炎のメカニズムを解明と報道されていました。
  • ITmedia news  アトピー性皮膚炎のメカニズム、理研が解明 ワセリンで予防の可能性
  • 他の治療例はここを参照ください。
0404back

初診時 背部

0404axilla

初診時 右腋窩

0404diapers

初診時 おむつかぶれ

0411back

一週間後 背部 発赤改善

0411axilla

一週間後 腋窩

0411diapers

一週間後 おむつかぶれ 改善

0425back

3週間後

RESERVA予約システムから予約する

広告

About this entry