やけど(熱傷)の湿潤療法 17

  • やけどの湿潤療法例を家族の同意を得て提示します。
  • 1歳2ヶ月の女児。熱湯の入ったコップが倒れて、左肩から上腕に浴びて、受傷
  • 他院皮膚科に10日間入院。点滴等の初期治療試行。やけどについては、ゲーベンクリームとガーゼ処置。
  • 退院後、湿潤療法を希望されて、市外より、初診。
  • プラスモイストによる湿潤療法開始。ゲーベンクリーム等の軟膏の使用は中止。シャワー可とした。
  • 約2ヶ月で上皮化しました。
  • 他の治療例はここを参照ください。
  • RESERVA予約システムから予約する

初診時 白いゲーベンクリームあり

一週間後

2週間後。浸出液減少。一部プラスモイストからハイドロ救急パッドに変更

一ヶ月後

2ヶ月後。上皮化し、終診

広告

About this entry