肉芽を伴った陥入爪の治療

  • 肉芽を伴った陥入爪の治療例を、患者さんの同意を得て、提示します。
  • 10代、女性
  • 肉芽を伴った陥入爪で、2度手術(一度目は爪母の形成を伴わない、二度目は爪母の形成を伴う手術)を施行済みでした。
  • 今回はテーピングを用いた保存療法を施行しました。
  • 以下のテキストを参照しました。
  • 二ヶ月後に肉芽は消退しました。
  • 他の治療例はここを参照ください。
  • RESERVA予約システムから予約する 

初診時 肉芽の盛り上がりあり

tapingの例(別の症例) 爪にそうようにtape1を貼り、それをtape2で足底に引っ張る

一ヶ月後

2ヶ月後 肉芽は消退 終診

広告

About this entry