やけど(熱傷)の湿潤療法 19

  • やけどの湿潤療法例を家族の同意を得て提示します。
  • 2歳7ヶ月の男児。炊飯器の水蒸気が右中指、環指にあたり、受傷。翌日、他院救急外来で軟膏塗布。
  • 受傷2日目、湿潤療法を希望され、市外より初診。
  • プラスモイストによる湿潤療法開始。水疱に穴を開け、中の液体をドレナージ。消毒はせず、軟膏も使用せず。
    • プラスモイストは中環指をミトンのように包み込むように被覆した。
  • 10日目に浸出液が少なくなり、キズパワーパッドに変更。23日目に上皮化し、指の拘縮もなく、終診としました。
  • 他の治療例はここを参照ください。
  • RESERVA予約システムから予約する

初診時 掌側

初診時 手背

4日後 手掌

4日後 手背

10日後 手掌 プラスモイストからハイドロ救急パッドへ変更

10日後 手背

23日後 手掌 拘縮なし

23日後

広告

About this entry