創傷の湿潤療法 6

  • 創傷の湿潤療法例を、本人の同意を得て提示します
  • 60代 女性
  • 鎌で左小指尺側の皮膚をそぐようにして受傷。同日初診。砂や泥の明らかな汚染はありませんでしたが、念のため指ブロック下にスクラビング、洗浄。その後止血目的でアルギン酸塩(ソーブサン)で被覆 抗生剤(セファレキシン)3日処方
  • 3日後止血されていたため、プラスモイストの被覆のみとし、連日自分で交換指示。感染兆候なし
  • 10日目、18日目と上皮化進む。
  • dropoutしていたので、電話で呼び出し。7週後上皮化していたので、終診としました。
  • その他の湿潤療法治療例はここ
  • RESERVA予約システムから予約する

初診時 鎌で皮膚が削げたように受傷 局所麻酔でスクラビング、洗浄、アルギン酸塩で止血

3日目 創周囲の黒い部分はアルギン酸塩の残留で水で洗い流すと除去されました

10日目

18日目

7週目 上皮化終了 終診

広告

About this entry